« 塗り壁で火災から身を守ろう | トップページ | 育成のポイントその2 »

2012年8月16日 (木)

見せる・教える

今回は育成のお話。

当社では現在、6名の見習い工が在籍しており、

毎日、現場で左官の技術を習得するために、努力しています。

今も昔の見習い工は「仕事を覚える」のが仕事であり、

仕事を覚え、身に付けるために訓練しているのは変わりありませんが、

昔と大きく違う点が一つだけあります。

それは技術を「見せる」「教える」ということです。

今は当社では、技術を見せて、教えています。

今回も新人左官ガールのAさんが

仕上げの仕事では当社でトップレベルの先輩職人さんから

細かい鏝の使い方を教わっています。

2012081317 2012081316 

見せて、やってみて教えると「お手本」がそこにあるわけで

上達が早いです。

そしてその後、本人にやらせてみせます。

2012081319

それを先輩が見て、本人にフィードバックしてあげます。

そうすると、自分がやったことがどういう評価かがすぐ分かり、本人も上達が早くなります。

そして、本人が上達するのにもう一つポイントがあるのですが、

それは次回、お伝えします。

« 塗り壁で火災から身を守ろう | トップページ | 育成のポイントその2 »

左官ガール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見せる・教える:

« 塗り壁で火災から身を守ろう | トップページ | 育成のポイントその2 »

無料ブログはココログ