« NHKラジオ出演 | トップページ | 室内の塗り替え その2 »

2012年11月12日 (月)

室内健康壁への塗り替え

今回は、室内の壁の塗り替えのお話です。

内壁は家具・本棚などが当然壁面にギリギリまで接するため、

その面の空気の移動がなくなり、カビが生えてしまうケースがあります。

北側の壁面などは外壁が冷えることもあり、結露するケースが多いようです。

今回の現場も同じ状況でした。

20121009_016 

今回のようにカビがひどいケースは当社は漆喰をお勧めしています。

漆喰は主成分の石灰が強アルカリ性のため、

・防カビ効果

・殺菌効果

があります。

それに合わせて、珪藻土のような調湿効果があり、

高温多湿の日本の気候にはぴったりの材料です。

昔、押入れや蔵に漆喰が使われたというのは

非常に理にかなっていることです。

(昔の人の知恵は素晴らしいですね。)

このような壁の塗り替えの場合、

当社ではまず、マスキング養生をし、カビを剥がし、カビを殺してから、左官の施工に取り掛かります。

20121009_024 

20121009_026 

何事も下地が肝心です。

« NHKラジオ出演 | トップページ | 室内の塗り替え その2 »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/47586403

この記事へのトラックバック一覧です: 室内健康壁への塗り替え:

« NHKラジオ出演 | トップページ | 室内の塗り替え その2 »

無料ブログはココログ