« なぜ目的が「職人を守る」なのか | トップページ | ㈱エービーシー商会講習会 »

2013年10月 7日 (月)

渋谷ヒカリエ

2012年4月に開業した渋谷ヒカリエに行く機会があり、

以前施工した現場を含めて、見てきました。

原田左官では、各テナントとトイレの壁などを施工しました。

一部ご紹介します。

Dscn1876


これは刷毛でラフに塗った壁にシルバーパールを上塗りしたもの。

Dscn1890

Dscn1891


こちらは引きずり仕上げの上にシルバーパールを上塗りしたものです。

Dscn1898


そして、通常のコテパターン。

.

.

ヒカリエ全体的に見ると塗り壁も多いですが、

それ以上にタイル仕上げが多かったという印象があります。

Dscn1883


モザイク。

Dscn1886


パターンモザイク。

Dscn1897


カラフルなパターン張り。

などなど。

Dscn1874


漆喰タイルもありました。

ヒカリエにいったときは左官もタイルも是非、ご覧になってください。

« なぜ目的が「職人を守る」なのか | トップページ | ㈱エービーシー商会講習会 »

タイル」カテゴリの記事

デザイン塗り壁・床」カテゴリの記事

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/52654601

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷ヒカリエ:

« なぜ目的が「職人を守る」なのか | トップページ | ㈱エービーシー商会講習会 »

無料ブログはココログ