« こだわりの左官仕上げ3 | トップページ | 文京産業ニュースに掲載 »

2014年3月 3日 (月)

こだわりの左官仕上げ4 駒込小松庵総本家

先日より続けてお伝えしているこだわりの左官仕上げのお話。

最終回です。

このお店は蕎麦の名店 駒込の小松庵総本家です。

つゆをかつおぶしから自家製するほどのこだわりで、

そば通も唸る名店です。

今回は、小松庵の小松新社長に、地元の匠の技を伝えたい、残したいという

思いがあり、私たち原田左官に工事を依頼されました。

本当にありがたい事です。

Dscn5847

Dscn5851

2Fのメインの店舗は落ち着いた珪藻土仕上げ。

Dsc_2484

1Fはこだわりの洞窟風左官仕上げになっています。

放射状の仕上げのこのようになりました。

Dsc_2497

灯りとりの丸窓が素敵です。

先日、地元の方々へお披露目の会があり、招待されお伺いしました。

Dscn5871

小松新社長より

「創業の地、駒込で地元に恩返しをしたい。

駒込をもっと全国に発信していきた。」

というお話があり、非常に熱い思いが伝わりました。

小松新社長は思いだけでなく、

・六義園の目の前というロケーションなので、トイレをパブリック的にみなさんに使ってもらえるように、広くしている

・お年寄りにも優しくお店直結のエレベーターを完備する

など実際の行動に移されて、お店作りにも反映されていました。

有言実行とはこういうことですね。

本当に感動するお店作りでした。

店舗情報:小松庵総本家

       豊島区駒込1-43-1

.

Dscn5875

奥様からサプライズでバイオリンの演奏を聞かせていただきました。

とても素敵な音色でした。

« こだわりの左官仕上げ3 | トップページ | 文京産業ニュースに掲載 »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/55168922

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりの左官仕上げ4 駒込小松庵総本家:

« こだわりの左官仕上げ3 | トップページ | 文京産業ニュースに掲載 »

無料ブログはココログ