« 技能検定 | トップページ | コンフォルト6月号 特集「漆喰と木の家」に掲載 »

2014年5月15日 (木)

可能性を提案します

住宅の施工管理をしている奥村です。

先日とある住宅を施工しました。

塗り壁の質感が魅力的な仕上げはないかと依頼でした。

住宅で塗り壁と言うと漆喰や珪藻土がありますが、それらの材料を塗る
為に使われる下塗り材がありまして、それらをあえて仕上げ材料として
使用することになりました。

もちろん、下塗り材ですからそのまま使うのではなく一工夫、二工夫を
します。具体的には色を付けたりワラを入れています。また、そのまま
使用すると強度が若干落ちるのでその辺を補う工夫もしています。

結果、施工が完了しました。

Yama01

階段室です。

Yama02

近寄ったらこんな感じです。

色は暖かさを持たせるために暖色系の顔料を使用しました。また、
ワラを使うことにより表情が豊かになりますし耐クラック性能も上が
ります。見た目と性能を両立しました。

材料の特性上、均一の表情にはなりませんがそれがまた個性と
なっています。そして部分的にアール(曲面)仕上げになっていて
左官ならでは暖かさも感じられます。

原田左官ではオリジナル壁「空(kuu)」としてこの仕上げ素材を展開
しています。色・パターンが豊富で値段もお手ごろです。是非仕上げ
に検討していただければと思います。

原田左官オリジナル壁「空(kuu)」
http://www.haradasakan.co.jp/webcatalog/webcatakuu.html

« 技能検定 | トップページ | コンフォルト6月号 特集「漆喰と木の家」に掲載 »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/55589480

この記事へのトラックバック一覧です: 可能性を提案します:

« 技能検定 | トップページ | コンフォルト6月号 特集「漆喰と木の家」に掲載 »

無料ブログはココログ