« 防災 備えに版築かまど | トップページ | SAKAN LIBRARY 床仕上げ »

2015年9月 3日 (木)

SAKAN LIBRARY 壁仕上げ




今回は「SAKAN LIBRARY」の壁仕上げのお話。

ショールームを改装するに当たり、どんな仕上げをしようかと

設計士さんを交えて社内で相談しました。

.

今までの経験からすると、ショールームを改装するその時に新しいもの材料や

 

やりたい仕上げを部分部分で行い、

 

結果としてツギハギだらけの壁という印象が出てしまいました。

(トータルコーディネートが出来ていないとよく言われていました。)

.

そのため、今回は壁は仕上げ数を絞ろう!という大胆な方針になりました。

本来なら左官屋のショールームなんだからいろんな壁を見せる

というのが通常ですが、それだと空間としてのトータルコーディネートが出来ないので、

壁はあえて3種類の仕上げに絞りました。

.

 

一つは塗り版築仕上げ。

Dsc04637

これは当社が自信を持ってお勧めする壁です。

重厚感のある版築仕上げがボード下地で再現できます。

.

 

次にモルタル・コンクリート調の仕上げ。

Dsc04639


Dsc04640

うづくり杉板モルタル仕上げと

Dsc04638

コンクリート打ち放し調仕上げ

どちらも人気の仕上げです。

.

そして特殊仕上げ

Dsc04645

ドライウォッシュ調の仕上げと

Dsc04643

磨き仕上げにしています。

.

もっといろんな表現を見せたいところですが、

がまんして壁はこの3種類に絞っています。

.

その代わり、見本板で様々な仕上げを見せるという方式になっています。

Dsc04621_2

見本入れがフレームになっていてお客様や時期によって見本が入れ替えることが出来ます。

Dsc04631


Dsc04623


Dsc04626

因みにフレームが動きますので、ちょっとしたレイアウト変更もできるようになっています。

« 防災 備えに版築かまど | トップページ | SAKAN LIBRARY 床仕上げ »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/61144086

この記事へのトラックバック一覧です: SAKAN LIBRARY 壁仕上げ:

« 防災 備えに版築かまど | トップページ | SAKAN LIBRARY 床仕上げ »

無料ブログはココログ