« テレビ朝日「じゅん散歩」に原田左官が出ます。 | トップページ | 原田左官について »

2015年11月19日 (木)

きれいな仕上げはしっかりした下地処理から

工事管理の奥村です。

弊社では大きな左官現場だけでなく、住宅の左官工事もやっています。

今日は一般住宅で京壁の塗りなおしを検討されているお客様と打ち合わせをしてきました。

古くなった京壁は手で触っただけで仕上材がポロポロ落ちてきます。また、家具の跡や、漏水による雨染みなど汚れ方は様々です。

10253880_1203978289629258_778214859

(家具の跡が残ってしまった京壁)


12065611_1203978292962591_826155190

(漏水などによるシミが残ってしまった壁)

.

材料メーカーさんによっては今塗っている京壁材の上に施工可能という材料を出していますが、ボロボロ落ちる所に強化剤を塗ったりしても、結果的に凹凸が激しく見えて、上手く仕上がらないことが多いです。

弊社では基本的に塗られている仕上材の部分を剥して、下地処理をしてから新しい仕上材を施工します。

下地処理も、しっかりアク止め処理をします。

京壁は長い間呼吸し、湿気を吸放出していますが、その段階で汚れも吸っています。代表的な汚れとしてはタバコのヤニやお線香による煙、漏水による雨染みがあります。

これらの汚れは非常に厄介で時として新しく仕上げた後に染み出してくることがあります。それを防ぐ意味でしっかりとアク止め処理をします。

1623558_1203982052962215_4529583398

最近は同じ京壁材ではなく、珪藻土や漆喰を塗る方も増えています。
単なる意匠的だけではなく、湿気の吸放出性能や、消臭効果アップなど室内環境のグレードアップとしての京壁塗り替えをご検討いただければと思います。

12038149_1203980842962336_229715817

« テレビ朝日「じゅん散歩」に原田左官が出ます。 | トップページ | 原田左官について »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/62219146

この記事へのトラックバック一覧です: きれいな仕上げはしっかりした下地処理から:

« テレビ朝日「じゅん散歩」に原田左官が出ます。 | トップページ | 原田左官について »

無料ブログはココログ