« 日左連誌「子ども霞ヶ関見学デー」記事掲載 | トップページ | 杉板うづくり目モルタル »

2015年11月30日 (月)

掻き落とし技法のアレンジ「リネアルテ」仕上げ

先日、施工した仕上げのご紹介です。

お店の入り口に当社のリネアルテというオリジナル左官仕上げを行いました。

Dsc02848

これは、左官の技法の一つである掻き落としをアレンジし、

風紋のような柄をつける仕上げです。

Dsc02851

このようなパネル材も今は世の中に出回っていますが、

左官で仕上げる良さは

均一(パターン化)な模様にならず、自然な感じが表現できる

シームレスで全体として一つの流れがあるように見える

という点があります。

.

もう一つの特徴としては

文字を表せること!

Li_back

掻き落とす部分、残す部分を調整して

文字やマークを表すことが出来ます。

.

是非、入り口に風紋柄の壁、文字入りでいかがですか?

20130621___1

« 日左連誌「子ども霞ヶ関見学デー」記事掲載 | トップページ | 杉板うづくり目モルタル »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/59409917

この記事へのトラックバック一覧です: 掻き落とし技法のアレンジ「リネアルテ」仕上げ:

« 日左連誌「子ども霞ヶ関見学デー」記事掲載 | トップページ | 杉板うづくり目モルタル »

無料ブログはココログ