« ハンガーのモールテックス仕上げ | トップページ | 職人の朝は早い »

2016年1月18日 (月)

櫛引仕上げ(校倉)

今回は櫛引仕上げのお話。

クシゴテでひく櫛引仕上げは左官の中でも人気のパターンです。

メーカーさんによっては「校倉仕上げ」など独自な呼び方があります。

Dsc07896


Dsc07898


Dsc07900


材料を塗りつけた後にクシゴテを引いていくので、

塗りつける人、仕上げる人の息をピッタリ合わせることが大事です。

.

基本の模様はクシゴテの引継ぎが出るものですが、

手間をかければ、こんな風に引き継ぎなしに真っ直ぐの櫛目を出すことも出来ます。

2005_06290002

(直線のラインにこだわった櫛引仕上げ。

通常の櫛引ではなく、特注仕様で施工しています。)

また、出隅の仕上げはどうすればよいか?

とよく聞かれるのですが、

個人的には面鏝で押さえて仕上げたほうがきれいだと思います。

2005_06290024


櫛引仕上げ。

真っ直ぐ通ったラインの仕上げも是非、ご検討下さい。

« ハンガーのモールテックス仕上げ | トップページ | 職人の朝は早い »

左官仕上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391501/62536126

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛引仕上げ(校倉):

« ハンガーのモールテックス仕上げ | トップページ | 職人の朝は早い »

無料ブログはココログ